人気企業ランキングを出している企業比較!結果、調査方法も違う

就活

トレーナビリティー新井です。

就活人気ランキングは、「キャリタス就活」「マイナビ」「四季報」などが出しております。

人気ランキングの出し方が3社とも違うため、順位の多少の順位はあるものの、「金融」「旅行」「商社」の人気が高いようですね!

人気ランキングを観ることも大切ですが、自分の将来のビジョンにあった企業を見つける事が就職活動においては最も大切な事です。自分の目で企業をしっかりと見て決めるようにしてください。

また、採用募集する側はぜひ、自業界の動向や、上位企業を参考にしてみてください。

その中でもどのように違いがあるのか、見ていきましょう。

キャリタス就活

キャリタス就活についてはこちらの記事を参照ください

マイナビ

日本経済新聞連動特集 - 就活支援 - マイナビ2021
株式会社マイナビが運営する新卒・既卒向けインターンシップ・就職・採用情報サイト。企業検索や無料適職診断、就活Q&Aなど。

マイナビにおいては、全てにおける総合ランキングは無く、「文系総合」と「理系総合」に分かれていました。

調査方法、対象は以下の通りです(上記URLより引用)

調査対象:2020年3月卒業見込みの全国大学3年生、大学院1年生(調査開始時点)
調査期間:2018年12月1日(土)~2019年3月21日(木)
調査方法:
就職情報サイト「マイナビ2021」およびマイナビ発行の就職情報誌、「マイナビ就職EXPO」等のイベント会場でアンケート告知を行い、WEB上のアンケートフォームで回収。

企業人気ランキングは5社連記方式

選社理由は1社につき2項目を選択する複数回答

有効回答:47,939名(文系男子 13,273人、文系女子 19,760人、理系男子 8,775人、理系女子 6,131人)

 

例えば、文系総合ではJTB、ANA、東京海上日動火災保険がトップスリーでした。

キャリタス就活のトップスリーが伊藤忠商事、トヨタ自動車、三菱商事ですから、業界もバラバラですね。

 

四季報

就活生2.4万人が選んだ「就職人気ランキング」 | 就職四季報プラスワン
「就活どころではない」。新型コロナウイルスの感染拡大が急速に進むにつれて、学生からはそんな声が聞かれるようになっている。一方、企業側も、採用活動をいったん中止し、スケジュールを見直しているところが多…

四季報の就職人気ランキングは文化放送キャリアパートナーズが作成しておりました。
調査方法は下記の通りです。

調査対象:

就職サイト「ブンナビ!」に登録する現在就活中(2021年春卒業予定)の大学生や大学院生で、登録者のうち、大学名を問わず2万4000人以上が回答

調査期間:2019年10月1日から2020年3月15日まで

なお、この調査は「前半」「後半」に分けて年に2回実施されています。

あこがれやイメージが強い就活の「前半」と、実際の説明会や面接を経た「後半」とをわけて傾向の違いを分析している点が特徴です。

こちらのトップスリーは、伊藤忠商事、ANA、日本生命保険相互会社、です。

やはり、他社とは違う結果が出ています。

 

まとめ 

いかがだったでしょうか?

ランキングを比較してみると、それぞれ調査方法が違うため、結果も変わっています。

ただ、ランキング上位100社程度を見てみると順位はともかく、ランクインしている企業名にはあまり差が出ません。

 

トレーナビリティーでは、貴社の状況に合わせて、かつ現場で使えるようにするための研修・コンサルティングを用意しています。

お問い合わせはこちらまでお願いします。

http://t-ability.com/contact-us/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました