口ベタでも契約率をアップさせる!怖さゼロの3つのクロージングテクニック

スキル/スキルアップ

クロージングが苦手です、、、
追い込みたくありません、、、
契約して欲しい、と言えません、、、

という声をよく聞きます。

セールスのレベルアップや育成において、クロージングスキルの習得は非常に優先度の高いものです。

しかし、多くの企業では、クロージングについて体系的に理論を説明し、具体的な方法を教えることはできていません。

ともすると、クロージングを精神論のように語る人もいます。

また、クロージングトークとして形になっているところもありますが、強引なトークになっている会社も多々あります。

応酬話法を教え、お客様に自社メリットをとにかく伝えたり、相手の意見を否定したりと、感じの良さがありません。

そこで今回は、強引さをおさえたクロージングテクニックを3つ紹介します。
是非使って、成果を出してください。

クロージングの目的と必要性

クロージングの目的

ではまず、クロージングの目的です。
多くの方が勘違いしていますがいますが、目的は買わせることではありません。

真剣に検討してもらうこと、自社に好意を持ってもらうことです。

真剣に考えて自己責任で決めてもらえば、クレームやキャンセルを防げます。
また、会社としての提供後コントロールもしやすくなります。

クロージングの必要性

ではなぜ、クロージングが必要なのでしょうか?

それは「考えながら、真剣に聴く顧客がすくないから
そして「迷ったら、前に進めなくなるから」です。

ですから、商談後に話が変わったり、忘れてしまったり、

または聞いていても、真剣に考えていませんから、
簡単に「後日返答しますね」となるのです。

大事なことは、その場で考えて頂くことです。
そうすることで、営業が本当は何を提供しなければならないか、
理解することが可能になります。

オススメクロージングテクニック3選

では、先ほどの目的に合致した、オススメのクロージングテクニックを3つ紹介します。
ぜひ活用してください。

ライバル評価クロージング

競合と迷っているお客様に対して、自社(自分)の良いところを再確認してもらい、自分側に意思決定をして頂くというテクニックです。

テクニックのポイントは2つです。1つは相手を肯定することで営業の信用を高めること、2つ目は相手に自社のよい点を自覚していただくことです。

具体的な方法としては、迷っている相手に対して、どの会社と迷っているのか、またはどのような選択肢と迷っているのかを確認します。その選択肢を聞き出したら、営業がその選択肢をしっかりと認めてあげることがスタートです。

その選択肢がいかに素晴らしいか、どんなところが良いところか、ということを営業が語ります。つまり、ライバルのことをほめるのです。語ることによって、相手は「押し売りされていない」「尊重されている」という心証を持ってくれます。このように、まずは相手の選択肢を肯定してあげます。

その上で、相手に「では当社(当製品)のよいところはどんなところでしょう?なぜ選択肢に加えて頂けているのでしょうか?」と聞きましょう。

そうすると、相手は自社のことをほめてくださいます。大事なポイント2点目がここです。相手が自ら「自社のよいところ」を話すことで自社への意識を高めて頂きます。人は、自分で話したことを、後から否定することはできません。一貫性の法則が働き、その態度を維持しようという力学が働きます。

不思議に思うかもしれませんが、相手に自分を褒めてもらうとクロージング効果が生まれます。

テストクロージング

これは、相手が「契約をしてもよいと思っている」という仮定で、話を進めるテクニックです。

例えば、一通り商品説明が終わったとします。そこで通常「いかがですか?」と聞きますよね。

その時の反応が良い反応だったら、「契約をしてもよいということだ!」と解釈して意気揚々と契約を前に進めましょう。

具体的には「良い反応」が返ってきたら、お礼を伝えて契約書を提示します。

そうすると、多くの場合「ちょっと待ってよ、まだ買うと決めたわけではないよ」と言われます。この言葉を引き出すことがポイントです

この言葉から、相手の真意を引き出すことができます。漠然と「いいねえ、じゃあ検討するよ」では何をどう検討されるかが分かりません。

相手の真意を知れば、何で迷っているのか、基準は何か、誰を説得しなければいけないかが具体的に分かるようになります。

そうすれば、相手に対して「○○を検討してください」「○○という観点は持っていますか?と確認をしていくことが可能です。

「良い反応ではない」なら、お礼を伝えて「残念です。今日はご契約を頂きたかったのですが、お役立ちできませんか?」と確認しましょう。

この「お役立ちできませんか?」という言葉が、相手に本音で話をさせるキーワードになります。

推定承諾話法

これは、お客様の回答が「Yes」であると仮定してどんどん具体的な話を展開していく話法です。

推定承諾とは、購入することを前提に考え始めることで、それを利用する自分をどんどん想像すし、その結果、考えたうえでの意見を出してくれるというものです。

キーワードは「もし、仮に…」という言葉です。この言葉をつけて相手に問いかけることで、相手に具体的にイメージをして頂くテクニックです。

例えば、家具を販売する営業をしているとします。通常の営業は「カラーラインナップとしては、、、」と様々な色を説明するのですが、推定承諾話法では違います。

「もし、仮に自分のお部屋に置くのであれば、何色がいいですか?」と聞いてみます。そうすると「そうだなあ、他の家具が茶色だから・・・」と考えるでしょう。

このように、相手に購入を前提に考えて頂くというテクニックです。

実際のクロージングは、「今からクロージングをする」と意識してスタートする必要があります。そのスイッチが推定承諾話法です。

このように聞いていくだけでお客様に迫ることなく、真剣な検討を促すことができます。

まとめ

いかがでしょうか。顧客に購買を促すためには、強引にプッシュするだけでは意味がありません。しっかりと相手に検討をしてもらうことが重要です。

その検討のために、今回紹介したようなクロージングテクニックを用いて、しっかりと考えて頂いてくださいね。

トレーナビリティーでは、上記の概念をより詳しく解説し、かつ現場で使えるようにするための研修を用意しています。

お問い合わせはこちらまでお願いします。

Contact Us
効果が出る研修、社員が生き生きと働ける会社を作るためのコンサルティングをご希望の方は、こちらよりお問い合わせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました